【中級編】オーダースーツを作る前に知っておくべきこと

この記事では、オーダースーツを作る前に知っておくべきことの【中級編】について解説していきます。


せっかくのオーダースーツ。サイズ感だけじゃなく、細かいとこもこだわりたい!という方向けの記事となっております。


・自分に合ったサイズ

・生地や裏地、ボタンまで選べる

・デザインのディテールも組み合わせたい放題


「オーダースーツって最高!」

と感じる、ちょっと贅沢なスーツ作りをしてみましょう!

それではいきましょう!


①生地にこだわる




スーツの着心地を左右する大きな要素になってくるのが「生地」です。

生地にこだわるってなんだか贅沢ですよね。


生地の選び方は大きく3つ。


・デザイン(ストライプ / 無地 )

・質感(光沢 / 生地の荒さ)

・伸縮性


デザインについては、別記事で解説します。


質感はスーツの印象を決める大切な要素です。威厳のある印象を与えたり、涼しげで爽やかな印象を与ええたり。


生地の光沢感や荒さで大きく変わってきます。どのような印象を与えたいかで生地を選んでみると良いでしょう。


また、伸縮性も重要になります。タイトなシルエットにした場合、伸縮性のない生地だと着心地が悪かったり、座った時に突っ張りを感じてしまいます。


伸縮性のない生地を選ぶ際は、ゆとりを持った採寸を依頼しましょう。


季節を考える




着用する季節によっても選ぶ生地を変えるようにしましょう。


夏に着用するスーツの生地を選ぶ場合、通気性や吸湿性が高い素材を選ぶと良いでしょう。

スーツの素材はおもに「ウール(羊毛)」「ポリエステル(化学繊維)」が多く用いられます。


冬用のスーツの場合、ウール生地がおすすめです。

ウールは保温性が高いため、防寒効果も高い素材といえます。


一方、水濡れで縮むというデリケートな一面もあるため、注意が必要です。

着用後はハンガーにかけ通気性の良い場所で保管しましょう。


最近はクールビズが定着し、夏にスーツを着ることは少なくなっていますが、夏に着用するスーツの生地を選ぶ場合、通気性や吸湿性が高い素材を選ぶと良いでしょう。


夏場のスーツに適した素材として、リネンやコットンなどが挙げられます。


③デザインにこだわる




スーツのデザインは様々あります。



・衿(えり)の形 / 幅

・胸ポケットの形

・腰ポケットの形

・スラックスの裾(シングル / ダブル)

・プリーツ入れるか

・...


などなど。表には見えない部分でいうと、下記のようなディテールがあります。


・裏地(デザイン/ 総裏か夏仕様か)

・ジャケット内ポケットの種類

・シャツずれ防止か

・ネーム入れるか

・...


「見える部分」のデザインと「裏地」にこだわってスーツをつくると楽しくオーダーできるでしょう。


街中で「なんかかっこいいな」という人のスーツをみて「衿の形」や「ポケットの形」を観察してみると、結構様々な形があることに気が付くと思います。


ぜひ、スーツのデザインアンテナをはって、お気に入りのデザインを見つけて見てください。


まとめ


いかがだったでしょうか?ポイントをまとめると、


①生地にこだわる

②季節を考える

③デザインにこだわる


です。特に①と③についての知識を持って、いろいろなデザインのスーツを楽しむとことができると、一歩上級者なオーダースーツ選びができるますね。


おおまかなイメージを持っておくだけで理想のスーツを作ることができるので、ぜひ参考にしてみてください!